自家焙煎の珈琲豆専門店Morrow珈琲

TEL:0942-65-7238受付:10:00~18:00

焙煎師三宅のひとりごとTalk to myself

珈琲の説明って難しい・・・。と、言うか私には不可能だと思っています。「美味い」「スッキリ」「コクがある」「フルーティな・・・」などは、どこの珈琲専門店でも出てくる言葉。

しかし、どんな味か想像できる人って、なかなか居ないんじゃないでしょうか?勿論、珈琲や珈琲豆に精通した方なら問題ないのでしょうが「想像と違った。」なんてことありませんか?それは、やはり「お客様の持つ理想の味」を求め、書いてある言葉に照らし合わせ、期待してお飲みになるので、その理想を超えない限り「想像と違った。」な訳なんです。

味や香りを人に伝えることの難しさに諦めを感じた私は、「イメージ」そう、お客様の想像に答える努力をしています。まぁそれも私の想像力や理想なので、やはり「想像と違った。」ということもあると思いますが…。

皆さんが、一口飲んで「美味い」と思ってくれることが答えで、そこに行き着くまでの過程をイメージしてブレンドと焙煎をしています。

なので、シチュエーションに合わせたイメージ(味)を意識しています。 皆さんが、思い描くシチュエーションで、お客様が思い描く「理想の味」と合致していることを望みますが、もし、想像と違う味でも美味しいと感じていただければ、良い意味での「裏切り」・・・「こう来たか!!」も楽しいのではないでしょうか?

休日にゆっくりと珈琲を点てる(意味合いは違いますが表現として) そんな時に私なら、一見濃く見えるがそうでもなく、香り高く、しかし酸味の少ないスッキリとした味わいが好きです。

じゃあ、夜更けにJazzを聞きながら休日前夜を楽しみ飲む珈琲は、少し苦めで香りとコクのバランスがとれ、どっしりとした感じでしょうか?あくまで好みの問題ですが、味のイメージが頭に浮かびましたでしょうか?

私の焙煎や豆選びは、イメージから行います。その方が、お客様に味が伝わり易いと思っています。多分、今、皆さんの頭の中でも「こんな珈琲かな?」ってイメージできていませんか?

当店にお越しいただくお客様に「もう、ここの珈琲じゃないと。」や「ここの珈琲は、飲みやすいから好き。」「珈琲って、こんなに違うのね。」など、嬉しい言葉をいただきます。

それは、皆さんがそれぞれに愛するシチュエーションに当店の珈琲が、マッチしたからだと思います。皆さんが珈琲を飲む上で、1番大事にしているシチュエーションや一緒に口にする食べ物のことなど、沢山教えていただけると嬉しいです。

FAX注文
オンラインショッピング
定期お届け便

店舗案内

TEL:0942-65-7238
福岡県小郡市横隈1664番地10
受付:10:00~18:00